2011年04月21日

お花をとおして福島を元気に…(ティアレ)

http://yakitori-fuku.sakura.ne.jp/sblo_files/fukushima-fight/image/100_20110418_02_01s-thumbnail2.jpg
私達の暮らす福島には、美しい自然と美味しい食べ物がたくさんあります。
そんな「花も実もある福島」を元気にするためにティアレは「お花」という分野で何が出来るかをいつも考えています。
福の鳥メンバーと一緒に係わっていくことで、その可能性がより広がっていくことに大きな希望を持っています。
ティアレでは、生花はもちろんですが、生花をそのままの状態で長く楽しめるように加工したプリザーブドフラワーで、ブーケやギフト・インテリアのためのアレンジをデザインし、製作しております。今までのプリザーブドフラワーをさらに大きく満開の状態に加工する技術を一昨年、福島に初めて紹介いたしました。
その華やかさと迫力は、皆さんから感動の言葉をたくさんいただき、私の励みとなっています。

原発や震災の被害などこれから、長い復興になるかもしれませんがお花を通して、皆さんが元気になるように応援していきたいと思います。
また、地元のボランティアなどに参加しながら福島をもっともっと元気にしていきたいと思っています。

フラワーデザイン ティアレ 斉藤まゆみ

フラワーデザイン ティアレ http://flower-design-tiare.com/

関連リンク あづま総合運動公園でのボランティアに行ってきました!
posted by fukushima-fight at 11:03| がんばってる人・会社

2011年04月20日

川俣の元気応援団(株式会社 川俣町振興公社)

戦国武将「伊達政宗」が出陣の際に必ず食したと云われた軍鶏(シャモ)には、『勝つ』という縁担ぎがあります。江戸時代に絹織物で財を成した絹長者≠スちの間で人気の「闘鶏」は、川俣町でも伝統として広く普及し、町おこしの一環として開発された「川俣シャモ」は福島県ブランド(鶏肉の部)の認定を受け、首都圏でも高級食材として認知されています。毎年行われている「川俣シャモ祭り」では世界一長い焼き鳥24.24mの記録があり話題づくりにも一役買っています。



しかし、今回の東日本大震災では東京電力の原発事故による風評被害もあって、流通が危ぶまれるという危機感が広まり不安な状況が続いています。川俣町振興公社では、何とか風評被害を乗り越え、川俣町を元の元気な町にしなければと考えていましたが、この度、震災復興支援イベント「いらっしゃい、川俣町。」の話が持ち上がり、これをチャンスに川俣町の風評被害を乗り越えようと古川町長と共に開催を決めました。



「福の鳥プロジェクト」には昨年から参加していますが、震災後立ち上げた"がんばっぺ!福島"サイトでも、共に復興にむけて頑張ろうということになりました。今回のイベントでも仲間として応援をしてくれています。



イベントは、有名な人気漫画家たちが東京の有名ホルモン焼店などを引き連れて川俣に結集し、川俣の元気応援団として来場者とのふれあいを行います。多くの仲間や川俣を愛する人たちの協力を得て、頑張る川俣、元気な川俣をアピールしたいと思っています。ぜひ皆さんの応援をお願いします。



代表取締役専務 斎藤正博


株式会社 川俣町振興公社 http://www.kawamata-shamo.com/
関連リンク いらっしゃい、川俣町。
posted by fukushima-fight at 18:27| がんばってる人・会社

2011年04月16日

みんなで、がんばっぺ(佐久商店)

200_img_sakyu.jpg福島発祥の郷土料理「いか人参」を中心に浅漬けや季節の果物を販売している佐久商店です。あの東日本震災で、予定していた仕事もなくなり途方に暮れていたとき、以前仕事でお世話になった仙台の合同会社Y.M.Oの湯浅社長さんから『「原発の風評被害をふっとばせ」と言う事でイベントを企画しますのでやってみましょうよ』という声をかけて頂き、第一印刷の谷口さんに連絡を取り福の鳥としてイベントに参加しようと決めました。

イベント当日サラリーマンのお兄さん達3〜4人が「福島だ。ガンバッテ。俺たち何か買っていくから。応援してるよ」って最初のお客さんに暖かい声言葉を掛けていただき嬉しくて涙が出そうになりました。その後も大勢の方に「福島がんばってね」とか「原発に負けるな」とか仙台の方達も被災者なのにたくさん暖かい言葉を頂いた一方、ある方は「おいしそうだけど」福島のだったらいらないわ」と言われた時はショックでしたね。
仙台の方々のやさしさに触れ、勇気と元気をたくさんいただいてきました。仙台の皆さん有難うございました。

一人では出来ないけど皆で力を合わせれば何かの形が見えてくるんだと実感し無事に3日間過ごすことができました。同じ被災者ということで、仙台の皆さんの暖かい気持ちに触れることができ、自分は住む家もあるのに泣き言なんか言っていられない、これからは前に向かって進んで行こうと思います。

みんなで、がんばっぺ


佐久商店(さきゅうしょうてん) http://www.sakyu-iizaka.com/

関連リンク
   レポート 「がんばってっつぉい福島!いちば」のご報告
   「がんばってっつぉい福島!いちば」に参加しました。
posted by fukushima-fight at 12:08| がんばってる人・会社