2011年05月04日

たちあがれ GET UP!(のみくいだいじょうぶ)

100_img_daijyobu.jpg今回の地震は本当にびっくりしました。
電気や水道が止まってしまい、3月19日から営業スタートしました。
今回の地震で、臓物が入荷しなかったりはしましたが、今は焼き鳥を食べに来てくれるお客様が日に日に増えています。
自粛ばかりで、本当にこのままどうなってしまうか不安もありましたが、自分たちにできることをやっていこうと思い、焼き鳥を営業しています。
福島を元気にしていこう!!

のみくいだいじょうぶ 小宇佐 昌彦

のみくいだいじょうぶ http://yakitori-party-store.sblo.jp/article/43010212.html
posted by fukushima-fight at 23:39| がんばってる人・会社

2011年04月27日

安心安全を伝えたい(有限会社ニュー木村屋)



100_img_newkimuraya.jpg 震災直後は、弊社でも一週間水道が使えず、製造が完全にストップしてしまいました。水道が復旧してからは、原材料もある程度調達できたので、ほぼ通常の製造ラインにも戻すことが出来ました。販売も他のメーカーが製造出来ないなどの影響もあり、スーパー関係を中心に、発注が震災前よりも増加しました、特に団子などの和菓子の注文が多く、まとめ買いのお客様も多数いらっしゃいました。「こういう時だから、お菓子などの甘い物を食べるとほっとする」というお客様の声も聞かれました。このような声を聞くと、お菓子は嗜好品ではなく、必需品だと感じました。3月は直営店も含めて売上は増加し、4月に入って通常の売上に戻りました。現在は花見の季節という事で、団子がよく売れています。
 弊社は東京八重洲にある福島県のアンテナショップと葛西にあるふくしま市場に商品を納品しています。震災直後は風評被害の影響で発注が減少するのではないかと心配しましたが、逆に震災前よりも発注数が増加しました。アンテナショップの販売員の方も、「今まで以上に頑張って売りますので、風評被害なんかに負けずに頑張ってください」と言葉をいただき大いに励まされました。発注が増加し、売上が増加したという事は、首都圏の人達の中にも福島を応援してくれる人達もたくさんいるという事だと思います。なので、福島のすべての食材や商品が危険なのではなく、安全、安心の物もきちんとあるということをしっかり伝えていきたいと思います。
 今後については、現在の風評被害を収めていく事は誰が考えても大変なことだと思います。しかし、何も行動を起こさなければ現状はかわらず、今後の展望も開けません。我々製造メーカーが、安全、安心の商品を提供し、それをアピールし続けていく事で、すこしでも被害を小さくしていければと思います。もちろん弊社だけで行えばよいというのではなく、各企業がそれぞれの持ち味を生かして、協力してこの難局を乗り越えていけば、次の展開が開けると思います。

有限会社ニュー木村屋
課長 金木

有限会社ニュー木村屋
http://www.mitinoku-fukushima-wagasi.com/kimuraya.htm#ki1
posted by fukushima-fight at 12:08| Comment(0) | がんばってる人・会社

ぜひ福島へ…。(株式会社丹治製菓)

http://yakitori-fuku.sakura.ne.jp/sblo_files/fukushima-fight/image/100_20110418_02_01s-thumbnail2.jpg
この度の未曾有の東日本大震災と大津波により被災された皆様とそのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。また、被災され不自由な生活を余儀なくされておられる皆様、原発事故により非難されている皆様にも心よりお見舞い申し上げます。

弊社は幸いにも建物・設備等に大きな被害もなく、社員一同無事でした。
ライフラインの停止・運送会社等のサービス停止などにより、製造停止をしばらくの間
余儀なくされましたが、現在は通常通りの製造をさせて頂いております。

弊社は戦後より変わらぬ製法で飴を作り続けております、菓子製造の会社です。
飴の他、甘納豆・フルーツゼリー等を製造しております。
また、6年前に福島県特産品コンクールで大賞を受賞した「あづまのゆきんこうさぎ」からギフト商品を手がけるようになり、近年では新しい工場を立ち上げ地産地消をコンセプトにした「丹坊」ブランドを始めました。「丹坊」では福島のもも農家のおばちゃんがトップセールスをする「よしえさん」シリーズで桃ケーキ・桃クッキー等を販売しております。

その中でも今一番おすすめしたいのが、「あづまのゆきんこうさぎ」です!
福島のおいしい白桃・りんご・ラフランスの100%果汁を使用したフルーティーなゼリーにホワイトチョコをうすくコーティングしたお菓子で見た目もかわいい雪うさぎの形です。
実は福島市内にある花見山が美しく咲き誇る頃、福島の吾妻山の山肌には大きな雪うさぎがひょっこりと現れるのです。昔の人々はその「あづまの雪うさぎ」が現れると、それを合図に種まきを始めたことから、別名「種まきうさぎ」とも呼ばれ地元の人々に愛されてきました。このお菓子はその「あづまの雪うさぎ」をモチーフにしたお菓子なのです。
  今年も花見山の美しい季節となりました。大震災・原発事故などの大きな悲しみの中でも花はいつも通り、力強く美しく咲いています。今年は訪れることは難しくてもぜひ来年花見山を、そして元気に復興した福島を見にぜひいらして下さい。こころよりその日をお待ちしております。

株式会社丹治製菓
丹治 由美子
                                 

株式会社丹治製菓 http://www.tanjiseika.com/
posted by fukushima-fight at 12:02| Comment(0) | がんばってる人・会社

2011年04月21日

いつでも行くからね(あきばたまみ)

http://yakitori-fuku.sakura.ne.jp/sblo_files/fukushima-fight/image/100_20110418_02_01s-thumbnail2.jpg
4/9(土)、震災後初めて帰郷し、あづま運動公園にて パステル教室を行いました。
こども半分、ご老人半分のアットホームなイベントになりました。
 
いつもと変わらない雰囲気。いつもと変わらない笑顔。いつもと変わらない日常。
それが大切だと思いました。
非日常の状態であるからこそ、日常を大切にしたい。
絵を描くことは、けして非日常ではありません。 
下手でもいい、色が汚くてもいい。
とにかく、自分の心に積もってしまっている錆を紙の上に、ぜーーんぶ吐き出して欲しい。絵を通じて、そのお手伝いが少しでもできたらいいと思いました。

いつでも行くからねーー。

絵本作家  あきばたまみ


絵本作家 あきばたまみ  http://tamaminpou.blog25.fc2.com/

関連リンク あづま総合運動公園でのボランティアに行ってきました!
posted by fukushima-fight at 11:15| がんばってる人・会社

このままではダメだ、とにかく動こう(空とぶくじら)

http://yakitori-fuku.sakura.ne.jp/sblo_files/fukushima-fight/image/100_20110418_02_01s-thumbnail2.jpg
木のおもちゃ(組み木)と各種記念品を作っている「空とぶくじら」です。
震災前と後では仕事の状態はガラリと変わってしまいました。
地震よりも原発の風評被害が大きくのしかかり、絶望に近い思いでした。
しかし、「このままではダメだ、とにかく動こう」という事で福の鳥プロジェクトでのボランティア参加などで自分にやる気を起こしているうちに、県内の方からそして震災後初めて東京の方、広島の方からも注文を頂き、震災後風評被害などで東北の人意外は敬遠しがちになりかけていた僕でしたが、やはり人間は真心だ、必ず分かってくれる人がいる。そう思えるようになりました。
これからまだまだ大変なことはあると思いますが、常に優しい気持ちで頑張って行きたいと思います。

ボランティアの事
9日の日に吾妻体育館にボランティアに行って来た「空とぶくじら」です。
土曜日にいろんな企画がありチョット子供さんは少なかったんですが来てくれた子供たちは楽しそうにやってました。これからは、全国の組み木仲間の応援を得て避難施設にいる子供たち、避難をしていなくても心に傷をうけてる子供たちに組み木をプレゼントをしていこうと思います。


空とぶくじら  http://www.soratobu-kujira.jp/

関連リンク あづま総合運動公園でのボランティアに行ってきました!
posted by fukushima-fight at 11:07| がんばってる人・会社