2012年03月13日

調布観光フェスティバルに出店してきました!

3月10日(土)〜11日(日)の2日間、東京都調布市役所前庭で開催されました。「調布観光フェスティバル」にのみくいだいじょうぶさんと一緒に出店してきました。調布市の皆さんが毎年行なっているお祭りなのですが、被災地復興をみんなで応援しようと、福島県、宮城県からの出店ブースを設けてくださったのです。

10日深夜1時過ぎに福島を出発し、着いたのが早朝6時調布はみぞれ混じりの雪と寒さでした。

午前10時オープニング−寒さと雨は変わらずですが、お客様の数が多く、地元に定着しているとのこと、楽しみにしていらっしゃる市民の方が多いのかなと感じました。ステージでは、たくさんのショーやパフォーマンスが繰り広げられ盛り上がりを見せていました。
歌やストリートダンス、プロレス、深大寺だるま踊りなど等、皆さん心から楽しんでいらっしゃる様子でした。
のみくい だいじょうぶさんの「福島牛串焼き」は香ばしい匂いで大好評、安心安全をPRし、たくさんの人だかりができました。
私の「がんばっぺ焼き」もいか人参の珍しさで2個、3個のまとめ買いをされるお客様もいらっしゃいました。また、地元のラジオ局「調布エフエム放送」の実況放送のインタビューを受け、福島の安心安全などをPRさせて頂きました。
初日は雨と寒さにもかかわらず、盛況のうちに終えました。

2日目は雨も上がり、晴れ間も出て気温も上昇、オープン前からたくさんのお客様が会場へいらっしゃいました。
2:46分、あの東日本大震災からちょうど1年の時刻にアナウンスと共に、犠牲になられた方へ黙祷。涙を浮かべていらっしゃる方、手を合わせていらしゃる方も皆さん思いは同じだったと思います。

今回のイベントでたくさんの出会いがありました。三春デコ屋敷の方、
宮城県気仙沼市から地元の銘産を販売された「気仙沼がんばっぺし」の皆さん、仙台市から被災地支援の商品を販売された「げんき雑巾プロジェクト」の皆さん。
げんき雑巾プロジェクト」の皆さんは復興という目的を共有しており、今後機会があれば、お互いに協力できるのではないかと思いました。

東日本大震災から1年。皆さんの温かい支えによって1日も早い復興に向けて微力ながら頑張っていきます。がんばっぺ!福島!!
プリントオフィス福島 代表 梅宮伸二


20120313.jpg
posted by fukushima-fight at 19:07| イベント/活動