2012年01月25日

ボランティアさんに支えられて。(みちのく福島路ビール)

吉田店長.jpgみちのく福島路ビール 店長の吉田です。

当社は震災以降既存の飲食店からは「お客様が放射能のことを気にして飲んでくれないんですよ…」とのお話が多く今後どのように販売していくか悩んでいた時に、復興イベントのお誘いを毎週のようにいただき2011年は何とか売り上げを維持することが出来ました。イベントでは、放射能汚染のこととかお客様が直接聞けるから安心して飲んで頂けたのかもしれません。

しかし、復興イベントのほとんどが関東方面で、またどのくらい売れるかわからないのがイベントです。福島からスタッフを連れて行くと赤字の恐れが…。そんな時に助けて頂いたのが関東在住の地ビール好きの方々。「時間があるときは手伝うよ〜」と言ってくださりお言葉に甘えて毎週のようにボランティアとして手伝って頂きました。普段は営業のお仕事やプログラマーとして働いていて異業種を体験出来て売れると楽しいと。「もう少しこんな感じにしたら売れるんじゃない?」と客観的に意見を頂いたり、「お客さんが途切れたから呼び込みするね」と忙しい時は休憩も取らずに手伝ってくださり頭が上がりません。本当にありがとうございます。

2012年もボランティアさんのお力をお借りしながらイベントに積極的に参加して行きたいと思います。見かけたときには声を掛けてください。

みちのく福島路ビール http://www.f-beer.com/

関連リンク
   2月2日 西立商店街に「福島応援館」アンテナショップがオープンします!!
   福の鳥 11月のイベント情報!
posted by fukushima-fight at 13:37| がんばってる人・会社