2011年10月04日

元気な福島をPR! グルメ&ダイニングスタイルショー

DSC_1748a.jpg


福の鳥プロジェクトでは9月6日からの4日間、福島のいいもの、いいところをPRしてきました。川俣シャモ(川俣町農業振興公社)、前田美豚(福島県食肉卸売)、野菜ドレッシング(アンジュール)、鶏三昧(内池醸造)、うつくしまゼりー(ニュー木村屋)、イカ人参(佐久商店)、青のり佃煮「新古」(海鮮フーズ)、胚芽精米(福島第一食糧卸協同組合)、のれん、半纏(中山染工場)、組み木(空とぶくじら)、プリザーブドフラワー(ティアレ)、元祖トマト甘納豆(岡昇)、香り印刷商品(第一印刷)と各社の一押商品を出展しました。


皆の心を一つに!! 元気印の黄色いTシャツ

IMGP1435a.jpg福の鳥メンバーのスタッフTシャツを作りました。
元気印の黄色にして、後ろには福島弁で「がんばってつぉい!」(がんばっています!)という言葉を入れました。
心を一つにしてやり抜くぞ!!というスタッフの強い思いがこもっています。











開   場

いよいよ10:00スタート。初日からたくさんのお客様がブースへ訪れました。
福の鳥プロジェクトとして初めての東京での出展。商談はもちろん、福島への応援メッセージを書いて頂いたり、試食にて「美味しい!」と声を頂いたり、安心安全を含めて福島の良いものをメンバーで発信していきました。

その様子は動画で。


「がんばっぺ!福島」を発行!!

福の鳥プロジェクトでは、福島から牛乳味噌を広める、焼き鳥の街にしていく、福島の美味しい物産をPRする、そして安心安全を確認していくことを進め、それらの活動を一冊にまとめました。地域お輿しから、復興へと切り替えて現在も進行中です。
そして、この本の情報がネットでは更に詳しく見ることができます。今後、福の鳥はネットでの情報を充実させ、すぐに知らせたい情報をiPadを使用しPRしていきます。
その第一歩として、今回の出展では、iPadでお客様と商談できるようにしました。


DSC_1752a.jpgIMGP1437a.jpg
【iPadを使う黄色い集団は会場で目立っていました】
 




たくさんもらった応援メッセージ

今回は商談だけの出展ではなく、ブースへ来てくれたお客様と心の繋がりを持ちたいと思い、福島への応援メッセージや募金を募ることにしました。
4日間、たくさんの応援メッセージが集まり、心温まるものばかりで感動しました。
募金は40,222円集まり、福島の子供たちのために活用していきます。
福島は復興に向けて頑張っていきます。皆さん、これからも応援宜しくお願いします。


DSC_1750a.jpgIMGP1492a.jpg


IMGP1493a.jpg
海外や全国からもらった応援メッセージも

3.11の震災から福島には海外や全国から沢山の応援メッセージが寄せられています。それを多くの人に見てほしい!!そんな思いを伝えたところ、ビジネスガイド社さんのご厚意により商談・休憩スペースに展示させていただくことになりました。この応援メッセージは福島県、市、新地小学校からお借りしたものです。
見ていた方々より「自分は東北出身ではないけれど、親戚が東北にいるので応援しています。」「福島出身で現在東京在住です。福島の家族は無事だったけれどまだまだ大変な地域や人が多くいるので、復興の為頑張ってください!応援しています。」など沢山の声も頂きました。


そして、福島を知っていただくために、福島市の一度はぜひ観光してほしいスポット・花見山の写真なども一緒に展示しました。初めての方はその壮大さにビックリするほど。この写真をきっかけに福島へ足を運んでほしい、そんな思いでこれからも福の鳥は福島のよいところを広めていきます!






4日間を通して、沢山のメッセージ、そして何より福島を応援してくれる方々と直接お話できたことが福の鳥プロジェクトの一番のパワーになり、もっともっと福島の食の安心安全、いいもの・いいところを広めていきたいと思いました。福島を元の福島に、そしてパワーアップ目指して活動していきます。ご協力・ご支援してくださった皆様、本当にありがとうございました。


キッチンステージの様子はこちら

第1日目「福島の味!牛乳味噌」
第2日目「焼き鳥都市福島」
第3日目「福島の豊かな自然と物産」
第4日目「福島の食の安心安全」
posted by fukushima-fight at 18:40| イベント/活動