2011年07月30日

Thank you from ふくしま!

カリフォルニアから届いた福島の子ども達へのメッセージフラッグ
6月6日に福の鳥プロジェクトはそのフラッグを相馬郡新地町立新地小学校へ届けました。

そしてその後、新地小学校からメッセージフラッグと一緒に撮った1年生から6年生までの写真が送られてきました。子ども達の元気な笑顔に私たちまで元気と笑顔をもらいました。

1.jpg

 左:1年生 右:2年生

2.jpg

左:3年生 右:4年生

3.jpg

左:5年生 右:6年生



〜カラフルになって返ってきたぬり絵〜二年生2-2.jpg

写真が送られてきた後、6月6日に伺った際にお渡ししていたぬり絵がカラフルになって返ってきました。
「世界一長い希望の絵」に新地小学校の1年生から4年生までの子ども達のぬり絵、350枚が仲間入りします。
「連日続く猛暑の中、子ども達は生かされている命を大切に元気に過ごしております。」と大土教頭先生からお手紙も。
ぬり絵は、空の部分に虹が描いてあったり、キャラクターの洋服部分に柄が描いてあったり、工夫して楽しく塗ってくれたことがわかり、とてもうれしくなりました。
ぜひ「世界一長い 希望の絵」を皆さんもチェックしてくださいね!







〜ビックリ!!英語のメッセージ〜

また、そのぬり絵と一緒に英語のメッセージが同封されていました!新地小学校の 6年生がカリフォルニアの子ども達に向けて一生懸命、英語で書いたメッセージです。「メッセージに励まされています」「遠いところからメッセージありがとう」という内容が英語で書かれていました。担任の先生に教えてもらいながら書いたそのメッセージは何回も書き直した跡がみられ、一生懸命がんばったことが伝わってきました。

6-3.jpg


6-1.jpg


6-2.jpg


福の鳥プロジェクトでは、この6枚のメッセージとぬり絵の写真をカリフォルニアの子ども達に送ります。
カリフォルニアの子ども達に福島の子ども達の元気が伝わってほしい…考えるとなんだか心がワクワクしてきます。



〜子ども達に笑顔を〜

思いを形にすること、その思いにこたえること、そしてまわりに伝えること、それらを繰り返すことで絆を強くし、笑顔の源になるのだと思いました。
「子どもたちに笑顔を」をテーマに活動している福の鳥プロジェクト。これからも笑顔の数をどんどん増やしていくために活動していきます!

ぬり絵はこちらからダウンロードできますので興味のある方はぜひお願いします。
http://fukunotori.com/fight/100_fight/100_nuriebosyu.html

好きな色でたくさん塗ってたくさんご応募ください!
また、ぬり絵に限らず自由に描いた絵も同時に募集しています!


posted by fukushima-fight at 17:16| イベント/活動